夫婦寝室が別だと不仲で喧嘩が多くすれ違いに!一緒だと円満に

700

夫婦の寝室は別ですか?同じですか?

 

我が家は別だったのですが

寝室が別々だと夫婦仲が悪化すると言う

ハウスメーカーの調査結果が出てます。

 

仕事が忙しいと夜遅くに帰ることがあり

子供が寝たのに起きてしまうことがあるのと

夜泣きがひどくて眠れないことがあったからです。

 

我が家に限らず多くの家庭では

新婚時代はラブラブで一緒に寝てても

子供ができたら別室になるケースが多いです。

 

またこれも考えたら予想できることですが

セックスレスになる可能性もアップします。

 

するとさらに夫婦仲が悪化します、

これについては前に記事を書きました↓

⇒旦那が浮気で朝帰りする原因はセックスレス

 

 夫婦別室のデメリット

私のように子供が出来てから

妻と寝るところを別ける家庭が多く、

子供がいるとベッドが狭いから

仕方なくというケースもあります。

 

・旦那のいびきがうるさい
・寝相が悪いのが気になる
・子供の夜泣きで眠れない
・仕事から帰ってくるのが遅い
・ベッドが狭くて仕方なく
・夜中にトイレに行くから目が覚める
・お互いの距離を保ちたい

 

このような感じで理由はそれぞれですが

夫婦の寝室を別室にするデメリットとして

以下の4項目が主にあります(汗)

 

・コミュニケーションが減る
・スキンシップが減る
・セックスレスになる
・幸福感がへりストレスがたまる

 

夫婦の寝室が別室になると

どうしても二人の時間が減るので

コミュニケーション、スキンシップは減ります。

 

またわざわざ嫁の部屋に行ってまで

夜の営みをすることになるのでメンドクサイし

妻に断られる可能性も高くなり

セックスレスになりやすいです。

 

夫婦の寝室が別室だとなぜ幸福感が減り

ストレスが溜まるのかと言うと

人間はスキンシップをすることで

オキトシンというホルモンが出て

幸せを感じたりストレスが減るからです。

 

これについては前に記事で書いてます↓

スキンシップをする効果と嫌がられる時の対処方法

 

夫婦同室を考えてみよう

家庭を円満にして喧嘩を減らすためには

夫婦の寝室を同じにすることが大切です。

 

「いまさらなんで?」と言われるでしょうし

最初は眠れないこともあるでしょうが

長い目でみるとメリットが大きいです。

 

子供が赤ちゃんだったころはまだしも

幼児になれば夜泣きは減りますし

ちょっとの音で起きることも減ります。

 

ベッドが小さい場合はダブルベッドにするなど

設備投資をする必要もありますが

メリットを考えれば安いモノです^^

 

特に子供がある程度大きくなり

夫婦と子供が全員別々の部屋で

眠っている家庭も多いです。

 

この場合は子供が小さかった頃の流れで

夫婦の寝室が別室になってたり

一人の時間が欲しいからと言う理由が多いです。

 

特に夫婦仲が悪化してる場合

相手が嫌がる可能性が高いんですよね(-_-;)

 

なので最初は夫婦の距離を縮めて

冷え切った関係を修復してから

寝室を同じにしてセックスレス解消をしましょう。

 

夫婦円満のヒケツについては

こちらに色々と書いてますので↓

⇒夫婦円満のコツの記事一覧ページ

LINEで相談を受け付けてます

LINEで相談を受け付けてます。お友達申請よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

友だち追加

シングルマザーは生活が苦しい

シングルマザーの現状 ※平成27厚生労働省調査ひとり親家庭等の現状についてより


「いますぐにでも離婚したい!」

私も夫婦関係が破綻寸前だった経験があるので、その気持ちは分かります。

しかし感情に身を任せて離婚をしたとき、残された子供はどうなるんでしょうか?

世間はシングルマザーに厳しく、平均年収は181万円しかありません。大学への進学率は23.9%と低く、我が子を高卒で働かせることになります。

夫婦関係を修復する方法

「生活が苦しくなることを考えると離婚はしたくない。でも旦那と一緒にいるのが苦痛でしかたない…」

そんなあなたに良いお知らせがあります!

毎日、夫婦喧嘩ばかりで離婚寸前だった私が、仲直りして家庭円満にしたノウハウがあるんです!


もともと好きで結婚した相手ですから、新婚時代のようにラブラブに戻れたら、離婚しようなんて気はなくなります。

金銭的にも、我が子のためにも、世間体のためにも、できることなら離婚しない方が良いですよね?

新婚時代のようなラブラブ夫婦に戻りたいですよね?

⇒ラブラブ夫婦に戻りたい方はこちら

離婚寸前からラブラブになった夫婦

合わせて読みたい記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ