妻のヒステリーで嫌いになったから別れたい30代男性Iさん

PA

妻のヒステリーがひどすぎる!

 

結婚前は大人しくてかわいかったのに

一緒に住み出してからと言うモノ

妻のヒステリーがひどくなって

一緒にいるのが苦痛になってきた。

 

30代男性Iさんのメールをご紹介します。

 

ちなみに我が家も妻のヒステリーがあり

Iさんの気持ちはすごい分かるな~と感じます。

 

あ、ちなみに私のことを知らない方は

プロフィールページを見てださいね。

 

30代男性Iさん

私の妻は結婚前は大人しくて

奥ゆかしい日本美人と言う感じでした。

 

新婚当時はラブラブで問題なかったのですが

子供が生まれてからと言うモノ

やたらと怒るようになりました。

 

私が「そこまで言わなくても…」と言うと

「なによ!あなたが何も言わないからでしょ!」

と反論してきて口喧嘩になってしまいます。

 

リーマンショックの影響で景気が悪くなり

ボーナスが減ってからと言うモノ

私の方にも文句を言ってくるようになり

一緒にいて気が滅入るようになりました。

 

自宅にいても妻がヒステリーを起こすので

ストレスが溜まりますし疲れます。

 

このままじゃあ

うつ病になってしまいそうだったので

なんとかならないか検索をしてると

舞阪さんのブログにたどり着きました。

 

教材は本に比べると高いですが

それでも妻のヒステリーから解放され

新婚当時のようなラブラブな状態に戻れるなら

安いモノだと思い買いました。

 

今までは妻がなんで怒ってるのか

理解に苦しんでいましたが

教材のノウハウを活用することで

相手の気持ちが分かるようになりました。

 

教材を買ったことは妻にはヒミツなので

私だけがノウハウを読んで学びましたが

自分が変われば相手も変わっていく

そのことを強く実感しました!

 

家庭環境が良くなったことで

ストレスも減り、仕事も順調になりました。

 

そのおかげで給料も上がり

妻と一緒に旅行へいく事も決まりました。

 

ここしばらく妻と一緒に旅行へは

行ってなかったので本当に楽しみです、

それでは舞阪さんありがとうございました。

 

舞阪より

私の妻も子供ができたことで

ヒステリーを起こすようになり

気が滅入ったパターンなので似てます。

 

結婚前はあんなに優しかったのに

なんでそこまで怒るのだろうか?

 

そんな風に思うこともしばしばでしたが

教材を買ったら謎が全て解けました、

やはり相手の立場にたってみないと

見えないモノは多いんですよね~

 

でもその方法が分からないから

困ってるわけでYさんも私も

教材と出会って人生を変えれて

良かったな~と思いますね。

 

妻が常にヒステリーを起こしてると

一緒にいることがイヤになります。

かと言って自分の部屋に閉じこもると

夫婦関係がさらに悪化します。

 

一緒にいても疲れるし

離れて生活してるとさらに

怒りの矛先が自分に向かってくるジレンマ。

 

この状態で生活を続けるのは

本当に辛すぎますよね?

 

また早い時期に夫婦仲を修復しないと

将来的に離婚届を突き付けられて

ビックリすることになりますので

早いうちに対策を打ちましょうね~

⇒夫婦仲を改善したい人だけクリック

LINEで相談を受け付けてます

LINEで相談を受け付けてます。お友達申請よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

友だち追加

シングルマザーは生活が苦しい

シングルマザーの現状 ※平成27厚生労働省調査ひとり親家庭等の現状についてより


「いますぐにでも離婚したい!」

私も夫婦関係が破綻寸前だった経験があるので、その気持ちは分かります。

しかし感情に身を任せて離婚をしたとき、残された子供はどうなるんでしょうか?

世間はシングルマザーに厳しく、平均年収は181万円しかありません。大学への進学率は23.9%と低く、我が子を高卒で働かせることになります。

夫婦関係を修復する方法

「生活が苦しくなることを考えると離婚はしたくない。でも旦那と一緒にいるのが苦痛でしかたない…」

そんなあなたに良いお知らせがあります!

毎日、夫婦喧嘩ばかりで離婚寸前だった私が、仲直りして家庭円満にしたノウハウがあるんです!


もともと好きで結婚した相手ですから、新婚時代のようにラブラブに戻れたら、離婚しようなんて気はなくなります。

金銭的にも、我が子のためにも、世間体のためにも、できることなら離婚しない方が良いですよね?

新婚時代のようなラブラブ夫婦に戻りたいですよね?

⇒ラブラブ夫婦に戻りたい方はこちら

離婚寸前からラブラブになった夫婦

合わせて読みたい記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ