嫁が働かないから離婚したい…旦那も悩む生活費問題

rikon_todoke

妻が専業主婦だと家計が苦しい!

 

今のご時世、よほど旦那さんの年収が

高くない限り専業主婦なんて出来ませよね。

 

結婚当初ならまだしも子供が出来ると

養育費も増えてくるので家計が赤字になります。

 

生活が苦しいから働いてくれと言っても

アレコレ理由を付けてから働かない

嫁に業を煮やし離婚を考える旦那さんもいます。

 

なんとか妻を説得して仕事をしてもらうか

いっそのこと離婚すべきか解説します。

 

妻に働けない理由があるのか?

病気、うつ病など身体的・精神的な問題で

働けない理由がある場合は仕方ない気もしますが

嫁さんがそう言う理由で働かない場合は

この記事を読んでないと思うんですよね(汗)

 

つまり仕事が出来るにも関わらず

何度言っても働かないからムカついてるはずです。

 

どんな仕事でも働くってことは嫌なことなので

そりゃあ働かないのが一番良いに決まってます。

 

私だって働かなくて良いなら

仕事なんて速攻で辞めますよ(笑)

 

でもそれじゃあ生活出来ないから

朝早く起きて、不快な通勤ラッシュのなか会社へ行き

上司に怒られながらも仕事をするわけですから

家計が火の車なのに楽したいから

働かないと言うのは論外ですねー

 

保育園の空きがない?

他に働けない理由としては子供が小さい場合

保育園の空きがないから仕事を出来ないケースで

うちは田舎なのでふつうに入れましたが

都会の方は空きがなくて入れないこともあるそうです。

 

ただこれが理由で妻が働かないのも仕方ないので

それなら離婚まで考える人はいないはずです。

 

旦那さんが離婚まで考えると言うことは

嫁が楽したいから働かないケースがほとんどです。

 

そりゃこっちが辛い目をして働いてるのに

妻は家でゴロゴロしてたらムカつきますよね(汗

 

まずはパートからお願いしてみる

嫁さんが看護士、介護士のように

国家資格を持ってるなら良いのですが

結婚前に事務員とかをしてた場合は

再就職も難しくなってくるんですよねー

 

嫁さんが20代ならまだしも30歳を越えてるなら

正社員としての再就職は厳しくなります。

 

しかし午前中、午後からのパート勤務なら

年齢が高くても雇ってもらえますし

いきなり正社員よりは肉体的にも精神的にも

楽なので主婦からのブランクも比較的

取り戻しやすいと言えます。

 

また人との関わりが嫌なら

工場、倉庫などの軽作業

内職など自宅で出来る仕事もあるので

いろいろと案を出してみましょうー

 

と言いますか今時、

一人一つスマホを持ってるんだから

あなたじゃなくて嫁に検索させたら良いかと。

 

それでも妻がアレコレ文句を言って

働かないなら離婚をすべきか?

 

しかしながら子供がいたら悪影響もありそうだし…

 

夫婦関係が問題で嫁が働かないなら

こちらの教材で改善できるのですが

根本的に何もしたくない不精者だと

どうしようもないですね(汗)

 

ただ本当に嫁が働かないことだけが

原因で離婚したいのでしょうか?

 

他にも理由があってさらに働かないのが

ムカついてるからでは話が違いますので

以下の記事も読んでからチェックしてください↓

夫婦離婚原因チェック診断テスト、一つでも該当したら危険

シングルマザーは生活が苦しい

シングルマザーの現状 ※平成27厚生労働省調査ひとり親家庭等の現状についてより


「いますぐにでも離婚したい!」

私も夫婦関係が破綻寸前だった経験があるので、その気持ちは分かります。

しかし感情に身を任せて離婚をしたとき、残された子供はどうなるんでしょうか?

世間はシングルマザーに厳しく、平均年収は181万円しかありません。大学への進学率は23.9%と低く、我が子を高卒で働かせることになります。

夫婦関係を修復する方法

「生活が苦しくなることを考えると離婚はしたくない。でも旦那と一緒にいるのが苦痛でしかたない…」

そんなあなたに良いお知らせがあります!

毎日、夫婦喧嘩ばかりで離婚寸前だった私が、仲直りして家庭円満にしたノウハウがあるんです!


もともと好きで結婚した相手ですから、新婚時代のようにラブラブに戻れたら、離婚しようなんて気はなくなります。

金銭的にも、我が子のためにも、世間体のためにも、できることなら離婚しない方が良いですよね?

新婚時代のようなラブラブ夫婦に戻りたいですよね?

⇒ラブラブ夫婦に戻りたい方はこちら

離婚寸前からラブラブになった夫婦

合わせて読みたい記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ