性生活の不一致が夫婦すれ違いの原因だった

gag-00011462

性生活の不一致が夫婦すれ違いの原因って知ってました?

離婚の原因は「夫婦の離婚原因ランキング」でも書いていますが、性格の不一致、浮気、DV、浪費、精神的な虐待などが理由としてあげられます。

じつはこれらの離婚原因よりも前の段階で、夫婦関係に亀裂・ミゾを作るモノがあります。それは夜の営みの拒否です。

悪気はなくっても男性は傷つく

男性はS●Xをしたいときはすぐにしたいモノです。恋人時代はよほどのことがないかぎり断ることはありませんが、夫婦になると「疲れてるから」、「気が乗らない」などの理由で拒否することがあります。

女性からすると悪気はないのですが、男性からすると自分を拒否されたように感じます。

最初の数回は「妻も疲れてし仕方ない」、「そんなときもあるさ」と自分を納得させることができますが、何度も性生活を拒否されるとしだいにムカついてきます。

すると今までは何とも思わなかった妻の悪いところが気になったり、ちょっとしたことでキレたり、子育てを放棄します。そして男性だんだんと妻のことが嫌いになっていきます。

つまりS●Xを拒否したせいで夫婦関係に小さな溝が出来てしまい、これが何度も続くことで夫は怒り、その怒りをぶつけるかのように夫婦喧嘩がおきて、最終的にはミゾが埋まらなくなり離婚します。

性生活を拒否したことはありませんか?

もしあなたが旦那さんからのS●Xを結婚してから一度も拒否したことがない。

つまり旦那さんが「今日はやろう!」ってなった時に、100%応じてるなら今回の話しは関係ありません。

しかしながら過去を振り返ってみると、夫からのエッチを断ったことがあるのではないでしょうか?

わたしは男性ですが、妻から「今日はちょっと…」という感じでNGを出されたことは何度もあります。そしてそんな嫁にたいしてキレた経験もあります。

当時はなんでそんな感情になったのか深く考えることはありませんでしたが、夫婦関係について勉強してると「性生活を拒否することは、男性自体を拒否することになる」と知りました。

「たしかに言われてみると…」って感じがします。ようするに「エッチを嫌がられる=自分も嫌われてる」と思ってしまうんでしょうね。

修復は難しい

もしあなたが新婚さんなら、これを読んで「そうだったんだ! 今度からは求められたら応じよう」と思えば夫婦円満になります。

ただし結婚してからしばらく経っており、なおかつ夫婦関係がギクシャクしてる場合、旦那さんは夜の営みを求めてくること自体がないんですよ。スケベなDVDをみて自分で処理したり、夜の街に行ったりしますので。

自分の方から誘いにくいという女性も多いでしょうし、仮に誘ったとしても旦那さんからすると「今までさんざん断ってきたくせに何をいまさら…」となるので断られることがあります。

そうなると今度はあなたがみじめな思いをすることになります。つまりそう言う気持ち旦那さんにさせてたってことですね(汗)

 

セックスレスで悩む夫婦は多く、一度ミゾが開いてくると修復するのは難しいです。これを読んでて「新婚時代に知ってたら…」と思った方も多いでしょう。

しかし時間は巻き戻せませんので、少しずつ夫婦仲を良くしていくしかありません。セックスレスは会話、スキンシップなどを乗り越えて、最後にクリアする砦になります。

なのでいきなりココから攻略するんじゃなくって、まずは会話、スキンシップが出来るようにしていきましょう。

LINEで相談を受け付けてます

LINEで相談を受け付けてます。お友達申請よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

友だち追加

シングルマザーは生活が苦しい

シングルマザーの現状 ※平成27厚生労働省調査ひとり親家庭等の現状についてより


「いますぐにでも離婚したい!」

私も夫婦関係が破綻寸前だった経験があるので、その気持ちは分かります。

しかし感情に身を任せて離婚をしたとき、残された子供はどうなるんでしょうか?

世間はシングルマザーに厳しく、平均年収は181万円しかありません。大学への進学率は23.9%と低く、我が子を高卒で働かせることになります。

夫婦関係を修復する方法

「生活が苦しくなることを考えると離婚はしたくない。でも旦那と一緒にいるのが苦痛でしかたない…」

そんなあなたに良いお知らせがあります!

毎日、夫婦喧嘩ばかりで離婚寸前だった私が、仲直りして家庭円満にしたノウハウがあるんです!


もともと好きで結婚した相手ですから、新婚時代のようにラブラブに戻れたら、離婚しようなんて気はなくなります。

金銭的にも、我が子のためにも、世間体のためにも、できることなら離婚しない方が良いですよね?

新婚時代のようなラブラブ夫婦に戻りたいですよね?

⇒ラブラブ夫婦に戻りたい方はこちら

離婚寸前からラブラブになった夫婦

合わせて読みたい記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ