寂しい夫婦のすれ違い生活の悩みを解消する方法

lgi01a201412191800

夫婦の会話が全然ないのが悩み…

 

新婚時代はラブラブでも

結婚してしばらくすると夫婦関係が

冷え切ってしまう人が多いです。

 

特に最近は携帯電話のメール

LINEなどの無料アプリがあるので

面と向かって会話をしなくても

スマホでサクッとメッセージを送れます。

 

これは楽と言えば楽なんですけど

面と向かって会話することが減るので

自然と夫婦関係が悪化します。

 

心理効果で単純接触と言うのがあり

会う頻度が多ければ多いほど

親近感をいだきやすいと言うのがあります。

 

学生時代にクラス替えがあると

最初は居心地が悪いですが

秋~冬頃になると何度も会ってるから

自然と親近感がわいて居心地が良い、

このような経験があると思います。

 

これと同じで夫婦関係でも

顔を会わせて話す頻度と言うのが

夫婦仲につながってくるんですよ。

 

少しでも対面で会話する

たったの5~10分でも良いので

少しでも会話するようにしましょう。

 

メール、LINEじゃなくて

実際に面と向かって会話をすることで

お互いの親近感がグッと増すので

夫婦のラブラブ度がアップします。

 

結婚する前のカップル時代は

そうだったと思いますが

お互い会話する機会が多かったですよね?

 

それなのになぜか夫婦になって

しばらくすると会話自体がサッパリ

なくなってしまうんですよね…

 

またスキンシップも出来るなら

少しでも良いのでやるようにしましょう。

 

特に女性は触覚が発達してるので

スキンシップをするかどうかで

愛情の深さが変わってきます^^

 

会話もサッパリないレベルだと

なかなか難しいとは思いますが

もし出来るならスキンシップもやりましょう~

 

会話すること自体が難しい人

お悩み相談をいただくことがありますが

夫婦の会話が何年もないと言うほど

関係が冷え切ってるケースもあります。

 

また冒頭で話したようなメール、LINEなどの

文章のやり取りすらもサッパリなくて

旦那が帰ってきたら無言でご飯を出して、

食べ終わったら部屋に帰るので

食器を片付けてみたいな感じで、

まるでホテルの従業員と客のように

関係性が断ち切れてるケースがあります。

 

この場合は1日5~10分の会話もムリですし

スキンシップなんて到底不可能になります><

 

こうなってくると気持ちとしては

離婚しても良いレベルで夫婦仲が悪化してるけど

金銭的、子供の問題などで仕方なく

夫婦関係を続けてる仮面夫婦になります。

 

ようするに離婚したいけど

金銭的にできない理由がある状態ですね(-_-;)

 

心のどこかで改善を求めてる

ただこの記事を読んでると言うことは

積極的に離婚を望んでるわけではなく、

改善したいと言う気持ちがあるはずです。

 

そう言う人じゃないとこのブログには

たどり着かないように出来てますので^^

 

何年も会話がないけど一緒に住んでる

もしくは完全に別居中の夫婦でも

改善できるようなノウハウが書かれた

マニュアルがありますので読んでください↓

離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

私はコレのおかげで夫婦円満になりました^^

LINEで相談を受け付けてます

LINEで相談を受け付けてます。お友達申請よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

友だち追加

シングルマザーは生活が苦しい

シングルマザーの現状 ※平成27厚生労働省調査ひとり親家庭等の現状についてより


「いますぐにでも離婚したい!」

私も夫婦関係が破綻寸前だった経験があるので、その気持ちは分かります。

しかし感情に身を任せて離婚をしたとき、残された子供はどうなるんでしょうか?

世間はシングルマザーに厳しく、平均年収は181万円しかありません。大学への進学率は23.9%と低く、我が子を高卒で働かせることになります。

夫婦関係を修復する方法

「生活が苦しくなることを考えると離婚はしたくない。でも旦那と一緒にいるのが苦痛でしかたない…」

そんなあなたに良いお知らせがあります!

毎日、夫婦喧嘩ばかりで離婚寸前だった私が、仲直りして家庭円満にしたノウハウがあるんです!


もともと好きで結婚した相手ですから、新婚時代のようにラブラブに戻れたら、離婚しようなんて気はなくなります。

金銭的にも、我が子のためにも、世間体のためにも、できることなら離婚しない方が良いですよね?

新婚時代のようなラブラブ夫婦に戻りたいですよね?

⇒ラブラブ夫婦に戻りたい方はこちら

離婚寸前からラブラブになった夫婦

合わせて読みたい記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ