妻の愚痴話はつまらないし楽しくないから無関心だと喧嘩ばかりに

001

嫁のグチ話にはうんざり…

 

仕事から帰ってくるやいなや

「今日はコレコレ、こんなことがあって~」

みたいな感じで愚痴ばかり聞かされると

うんざりしてきますよね~マジで。

 

会社でも疲れてるのに家に帰っても

妻の愚痴話を聞かされるとなると

体も気持ちも休まりません。

 

家にいるときくらいはゆっくりと

させてくれ~と言う気持ちわかります。

 

実際、旦那からすると妻の愚痴

くだらないことが多くどうしても

無関心になりがちになります。

 

そうすると聞いてるのかどうか分からない

印象を嫁に与えてしまうんですよね~

 

そうすると妻は「話を聞いてくれない」と

怒りだしてしまい夫婦仲が悪化したり

「おれも仕事で疲れてるんだ」

と反論でもしようものなら夫婦喧嘩になります。

 

そこで今回は妻の愚痴を上手く聞いて

夫婦円満にするコツを紹介します。

 

ちなみに私のことを知らない方は

プロフィールページを読んでください!

 

共感しながら聞く

先ほども書いた通り妻の愚痴を

興味がないからと言って適当に

「はいはい」、「分かった分かった」

みたいに聞き流すように聞くのは

火に油を注ぐようなものなのでNGです。

 

奥さんからすると育児のストレス

近所付き合い、家事などなど

家にいてもなにかしら起きるので

いろいろと不満が溜まってしまうのです。

 

それを適当に聞き流してると

旦那は私の話を聞いてくれないと

不満をつのらせることになります。

 

 

また女性と言うのは話を聞いて欲しいだけで

アドバイスと言うのは求めてません。

これは愚痴に限らず、悩み相談もです。

 

なので相手の気持ちに共感して

 

「それは大変だったな~」

「そりゃ怒るのも当然だと」

 

みたいな感じでその気持ち分かるよと言う

メッセージを伝えることが大切です。

 

すると妻はこの人は私の味方だと

感じてくれるようになるので

夫婦円満になるって感じです。

 

大切なコミュニケーションと思う

私自身も仕事から帰ってきて

妻の愚痴を聞かされるのはイヤですし、

無関心で適当に受け流すことも以前はありました。

 

ただそうやって愚痴を聞くのは

つまらないし楽しくないからと言って

適当に聞いてるとコミュニケーション自体が

ドンドンとなくなってきて最終的には

夫婦の会話がなくなってきます。

 

ようするに妻は思うわけですよ

「旦那に話してもムダだ…」

「主人は私の話を聞いてくれない」

そうなると夫婦の会話が減るので

関係が冷えていくんですよね~

 

そうなると相手の嫌な部分が目についたり

ささいなことが気になるようになり

不満を感じたり夫婦仲が悪化します。

 

こう言うのが積もり積もって

離婚を切り出されたりしますので

愚痴を聞くのは楽しくないし苦痛ですが

夫婦のコミュニケーションと思って

相手に共感しながら聞くようにしましょう~

 

会社の上司に怒られるのに比べれば

愚痴を聞くくらい何とかなりますので(笑)

 

夫婦円満のコツを紹介してるので

必ず読むようにしてください↓

⇒夫婦仲を良くする記事の一覧

LINEで相談を受け付けてます

LINEで相談を受け付けてます。お友達申請よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

友だち追加

シングルマザーは生活が苦しい

シングルマザーの現状 ※平成27厚生労働省調査ひとり親家庭等の現状についてより


「いますぐにでも離婚したい!」

私も夫婦関係が破綻寸前だった経験があるので、その気持ちは分かります。

しかし感情に身を任せて離婚をしたとき、残された子供はどうなるんでしょうか?

世間はシングルマザーに厳しく、平均年収は181万円しかありません。大学への進学率は23.9%と低く、我が子を高卒で働かせることになります。

夫婦関係を修復する方法

「生活が苦しくなることを考えると離婚はしたくない。でも旦那と一緒にいるのが苦痛でしかたない…」

そんなあなたに良いお知らせがあります!

毎日、夫婦喧嘩ばかりで離婚寸前だった私が、仲直りして家庭円満にしたノウハウがあるんです!


もともと好きで結婚した相手ですから、新婚時代のようにラブラブに戻れたら、離婚しようなんて気はなくなります。

金銭的にも、我が子のためにも、世間体のためにも、できることなら離婚しない方が良いですよね?

新婚時代のようなラブラブ夫婦に戻りたいですよね?

⇒ラブラブ夫婦に戻りたい方はこちら

離婚寸前からラブラブになった夫婦

合わせて読みたい記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ