夫婦喧嘩の原因になる9通りの会話例を知り修羅場を避けろ!

gatag-00002098

ゴミは出してとあれほど言ったのに!

 

このような言い方をして夫婦喧嘩に

なったことはありませんか?

 

実はここだけの話になりますが

修羅場の原因になる言い方があります。

 

全9パターンあるのですがこれを知って

相手と会話するときに気を付けるだけで

一気に夫婦喧嘩が減らせる優れものです^^

 

そこで今回はNG会話例を紹介します。

 

こういう言い方をしてませんか?

さっそく本題に入りますが

以下のような言い方をしてませんか?

 

1.部屋の電気が付けっぱなし、気を付けてよ!
2.暑い暑いというなら服を脱げよ
3.文句を言うなら食べるな
4.夏なんだから暑いに決まってるだろ
5.化粧しても変わらないよ
6.このくらいで文句を言うなんて軟弱な
7.なに?文句でもあるの?
8.そんなに怒ってカルシウム不足か?
9.お金がないのはあなたの無駄使いでしょ

 

このような感じで

説教、注意、命令、批判、見下す発言を

カッとなってすると90%喧嘩になるか

ケンカにならなかったとしても

相手はムカついてるので夫婦仲は悪化します。

 

私は男性なので分かりますが

旦那が逆ギレで怒鳴るし謝らないからうざい

↑の記事で書いたように

子供に注意されるような感じで

言われるのが一番腹が立ちますね。

 

先ほどの9パターンの中で言うと

1番目のような感じで子供に怒る感覚で

注意をされると内容うんぬんじゃなくて

言い方にムカつくんですよね(;^ω^)

 

それ以外のパターンでもそうですが

説教、命令、非難、批判、見下す発言

されると妻だろうが会社の上司だろうが

誰に言われても腹が立ちますからね~

 

感情的にならない

結局のところ感情的になって

キツイ言い方をすると相手も逆ギレして

修羅場になることがほとんどです。

 

これはあなたも経験があると思いますが

例え相手の言い分が正しかったとしても

キレる、怒鳴るような感じで言われたら

その言い方に対してムカつくんですよね。

 

なので怒りがこみ上げた時に

グッとこらえて感情的にならず

Iメッセージで言うのがポイントです。

 

Iメッセージとはあなた(you)ではなく

I(私は)こう感じると言ういい方です。

 

「あなたのそう言うところがダメなのよ!」

このような感じで言うと夫婦喧嘩に

なること間違いなしですよね?

 

「私はあなたのそう言う所のせいでこう感じるの」

このような感じで言うと同じことでも

相手を非難、批判して責めてるような

感じが出ないので素直に聞いてくれます。

 

I(アイ)メッセージで夫婦喧嘩を減らす

例えば旦那さんに傷付く言葉を

言われたとしますよね?

 

「なによその言い方!」

「そう言われたら私は傷つくな」

 

この場合だったら後者のように

私は●●と思うみたいな感じで

Iメッセージにするだけで

相手も「悪かった」と謝ったりします。

 

冒頭で解説した言わない方が良い

9パターンの会話例+Iメッセージを

マスターするだけで夫婦関係は

一気に円滑になるので試してください^^

 

こちらの記事もよく読まれてます↓

妻のヒステリーがイヤで別れたい30代男性Iさん

LINEで相談を受け付けてます

LINEで相談を受け付けてます。お友達申請よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

友だち追加

シングルマザーは生活が苦しい

シングルマザーの現状 ※平成27厚生労働省調査ひとり親家庭等の現状についてより


「いますぐにでも離婚したい!」

私も夫婦関係が破綻寸前だった経験があるので、その気持ちは分かります。

しかし感情に身を任せて離婚をしたとき、残された子供はどうなるんでしょうか?

世間はシングルマザーに厳しく、平均年収は181万円しかありません。大学への進学率は23.9%と低く、我が子を高卒で働かせることになります。

夫婦関係を修復する方法

「生活が苦しくなることを考えると離婚はしたくない。でも旦那と一緒にいるのが苦痛でしかたない…」

そんなあなたに良いお知らせがあります!

毎日、夫婦喧嘩ばかりで離婚寸前だった私が、仲直りして家庭円満にしたノウハウがあるんです!


もともと好きで結婚した相手ですから、新婚時代のようにラブラブに戻れたら、離婚しようなんて気はなくなります。

金銭的にも、我が子のためにも、世間体のためにも、できることなら離婚しない方が良いですよね?

新婚時代のようなラブラブ夫婦に戻りたいですよね?

⇒ラブラブ夫婦に戻りたい方はこちら

離婚寸前からラブラブになった夫婦

合わせて読みたい記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ