夫婦喧嘩で家出して離婚を考えたら旦那が土下座

夫婦喧嘩

夫婦喧嘩で家出して離婚を考えたら旦那が土下座した体験談を紹介してくれるのは、三宅さん(仮称)です。

 

私が結婚した当初の話です。もともと私は関東、夫は大阪の遠距離恋愛です。

結婚したのを機に私は仕事を辞め、夫の居る大阪に引っ越して専業主婦をしていました。

慣れない大阪での生活で、夫以外は知り合いもいない状態での新婚生活だったので、私もナーバスになっていたのだと思います。

 

毎日1人で家事をして、たまに外に出掛けるといえば近所のスーパーに行くくらい。

夫は家に帰ってくるのも遅く、帰宅すると会話もそこそこに、寝てしまう日々が続いていました。

せめて週末の休日くらいは2人でどこかに出掛けたいと思いつつも、夫は友達と遊びに行ってしまい休日も私は家でひとりぼっち。

そんなことが続き、私のイライラもマックスに達していました。そんなタイミングで事件が起きます。

怒りでプッツンした

旦那嫌い

珍しく旦那の仕事が早く終わり、久しぶりに家でゆっくり夕食を食べることになりました。

食事しながら会話していたとき、夫が私に向かって「オマエはエエよな? 毎日家でゆっくりできて。オレは毎日忙しいから大変や」と言いました。

それを聞いた私はプッツンしてしまいました。

 

慣れない土地で毎日どんな気持ちで家に居るのか、夫の帰りを毎日待って、会話もそこそこにすぐに寝てしまい、どれだけ悲しいのか。

休日もどこにも連れて行ってもらえず、毎週のように勝手に遊びに行ってしまい、私はあなたにとって何なのか。

あなたの家政婦をするめに仕事を辞めて大阪まで来たのではない!

そんなことをまくし立て、矢継ぎ早に話したと思います。

 

私は自分の言いたいことだけ言うと、夫の制止を振り切り、家を出て車に乗り込み、そのままあてもなく走りだしました。

しばらく走ってコンビニの駐車場に車を止めてボーっとしていました。

もう離婚して関東に帰ろうか。そんなことも頭をよぎりました。

土下座する旦那

土下座する男性

ふと「いま何時だろう?」と携帯を見ると、夫から着信履歴の山が。

夫からまた着信が来たので、とりあえず出てみると「俺が悪かった。とにかく帰って来てくれ」と涙声で言ってきました。

実は夫が泣いているところなど、それまで見たことがなかったので、私は一瞬にして頭が冷えました。

すぐに帰り、夫がなんと土下座してきたのです。

彼は本気で反省したのだな。と感じたので私は許すことにしました。

 

その後の夫は相変わらず帰宅は遅いものの、休日はどこにも行かず私と過ごしてくれるようになり、あの日をキッカケに本当に変わりました。

その後、子供が産まれてママ友もたくさんできました。

それもあってか、今では大阪にすっかり馴染んでしまい、久々に実家のある関東に帰ると、早く大阪に帰りたいと思うほどです。

でも振り返ってみれば、あの日の大喧嘩があったからこそ、私たち家族の幸せな今があるのだと思います。

シングルマザーは生活が苦しい

シングルマザーの現状 ※平成27厚生労働省調査ひとり親家庭等の現状についてより


「いますぐにでも離婚したい!」

私も夫婦関係が破綻寸前だった経験があるので、その気持ちは分かります。

しかし感情に身を任せて離婚をしたとき、残された子供はどうなるんでしょうか?

世間はシングルマザーに厳しく、平均年収は181万円しかありません。大学への進学率は23.9%と低く、我が子を高卒で働かせることになります。

夫婦関係を修復する方法

「生活が苦しくなることを考えると離婚はしたくない。でも旦那と一緒にいるのが苦痛でしかたない…」

そんなあなたに良いお知らせがあります!

毎日、夫婦喧嘩ばかりで離婚寸前だった私が、仲直りして家庭円満にしたノウハウがあるんです!


もともと好きで結婚した相手ですから、新婚時代のようにラブラブに戻れたら、離婚しようなんて気はなくなります。

金銭的にも、我が子のためにも、世間体のためにも、できることなら離婚しない方が良いですよね?

新婚時代のようなラブラブ夫婦に戻りたいですよね?

⇒ラブラブ夫婦に戻りたい方はこちら

離婚寸前からラブラブになった夫婦

合わせて読みたい記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ